便秘を改善する方法

便は大腸で作られ、週に3回以上、すっきり排便できて、便が柔らかいバナナの形をしていれば、大腸が健康な証拠である。
しかし、毎日排便があっても量が少なかったり、便が硬かったり、残便感があってすっきりしないと言った場合は、便秘といえる。

こうした症状はなぜ起こるのか。
大腸の長さは、約1.5メートル。
食道、胃、小腸に続いて消化の最終の働きを担当している。
大腸では、胃で消化した食物の水分を吸収して固め、便として排泄している。

健康な腸は、腸内の「ぜん動運動」がさかんで、腸の伸縮運動を繰り返すことで便をスムーズに送り出していく。
ところが、ストレスにさらされると、自律神経がうまくはたらかなくなるため、正常な腸の「ぜん動運動」が起こらず、便が滞ってしまう。

便秘には、「弛緩性」「けいれん性」「直腸性」「器質性」の4種類がある。
「弛緩性便秘」は、ぜん動運動が十分に行われないため、大腸内に便が長くとどまり、水分が過剰に吸収されて硬くなるタイプ、
「けいれん性便秘」は副交感神経の過度の興奮によって腸管がきんちょうしすぎてしまい、便がうまく運ばれずに、うなぎのフンのようなコロコロとした便になるタイプ、
「直腸性便秘」は便が直腸に達しても排便反射が起こらず、直腸に便が停滞して上手く排便できなくなるタイプ、
「器質性便秘」は、イレウス、大腸がん、腸管癒着などの器質的な原因があって、消火器に通過傷害が起こるタイプである。

便秘改善法は数多く存在するが、大きく「食事編」「生活編」「運動編」の3つに分けられる。
便秘解消のためには、まず毎日の食生活を見直す必要がある。
スムーズに排便するには、特に朝食が重要で、就寝中にからっぽになった胃を満たす朝食は腸を刺激し、排便の週間を身につけやすくする。
また、こまめに水分補給することも大切である。
食生活だけではなく、規則正しい生活を送ること、適度な運動を行い、腸を刺激することも有効である。

大切なことは、持続して行うこと。
薬を使用する前に、自身の生活にあった便秘改善法を見つけてみてはいかがだろうか。