便秘解消すると言う事は腸内環境を整える事

腸は、毎日の食べ物や飲み物などの栄養を吸収してくれる大切な場所。
体に必要な栄養素だけを吸収し、細菌やウイルスなど害のあるものは排除するという体を守る役割も果たさなければいけない。
腸は細菌やウイルスを吸収せず弁として排出するために、リンパ球という免疫細胞の多くが集まっている。
全免疫システムの70%を担う、外部攻撃からのホコが腸である。

便秘を解消するために、腸内環境を整えることが大切である。
腸内環境が崩れると、便秘により便から毒素の輩出がされにくくなり新陳代謝を低下させるため痩せにくい体質になったり、輩出されない毒素が血管から血液中に溶け込みそのまま皮膚にダメージを与えたりする。

人の腸の中には、約500種類、100兆個の細菌が住み着いている。
その細菌は「腸内細菌」といわれており、腸内細菌の種類は、乳酸菌、オリゴ糖を代表とする善玉菌と有害菌である悪玉菌が存在する。

健康な人の腸内環境は善玉菌と悪玉菌それぞれが上手く保たれているが、便秘の人の腸内は善玉菌に比べ悪玉菌が多く存在する。
悪玉菌が多くなると、便秘だけではなく、免疫機能が低下し、病魔に侵されやすくなる。

善玉菌は日本の伝統食である和食を好み、悪玉菌は動物性たんぱく質を好む。
動物性たんぱく質を含む食事に偏ると、体内に毒素が作り出され、腸内環境が悪化、悪玉菌が増える
中でも大豆製品、野菜、果物などを多く接種すると良い。

善玉菌を増やす際、食物繊維も合わせて積極的に摂取したい。
保水性を富んだ食物繊維は腸内で水分を吸着するため、便を柔らかくして、排泄しやすくする。
1日の接種目明日量は男性で約30g、女性で約20gとなっている。
ところが、食物繊維の摂取量は男女ともに基準より大きく不足している。

人の体は、腸で作られ、腸で守られるといっても過言ではない。
腸内環境を整えることで、美肌効果、ダイエット効果が期待できる。
便秘解消環境を整えて、お腹の中から美人を目指してみてはいかがだろうか。