便秘解消をヨーグルトで対応する

便秘解消には、腸内の環境を整え、腸内の善玉菌を増やすことが大切。
善玉菌は、お腹の中で善玉菌を増殖させて、大腸のぜん道運動を助ける役割がある。
つまり、腸の働きを活発にする。

その反対に、腸の活動を低下させる悪玉菌というものがある。
悪玉菌は腸内のタンパク質を腐敗させ、有毒なガスなどを発生させて腸内環境を悪化させてしまう。

善玉菌の代表格のひとつが乳酸菌。
乳酸菌にはたくさんの種類があり、種類ごとにその働きが少しずつ異なる。
そのため自分に合う合わない、といったことがあるので、さまざまな種類の食材から異なる乳酸菌を摂取して自分のお腹の状態を観察してみると良い。

乳酸菌は大きく分類すると「動物性乳酸菌」と「植物性乳酸菌」に分けられる。
「動物性乳酸菌」はヨーグルトやチーズなどに含まれる、よく知られている乳酸菌である。
「植物性乳酸菌」は漬物や味噌のように野菜や米、大豆などの発酵食品に含まれる乳酸菌のこと。

より乳酸菌の効果を発揮させるには、乳酸菌の好物である食物繊維を一緒に食べると良い。
毎日の生活のなかで乳酸菌を接種する習慣をつけるには、身近で食べやすく、安価なヨーグルトがおすすめ。

食後に、コップ1杯程度のヨーグルトを食べることから始めてみると良い。
食後にヨーグルトを食べたほうが良いのは、乳酸菌が胃酸に弱く、胃酸は食前に多く出ているため。
空腹の状態でヨーグルトなどを摂ると、胃酸によりほとんどの乳酸菌が死んでしまう。
まずは食べ物で胃液を中和しておくと、腸まで到達できる乳酸菌が増える。

ただヨーグルトを食べるだけではなく、より効果的に乳酸菌を接種するために、1日200gのヨーグルトを夜、キウイ、バナナ、りんご、いちごなど水溶性食物繊維の多い果物と一緒に食べることが大切である。
昨今、多くの種類のヨーグルトが店頭に並んでいる。
自分に合うヨーグルトを見つけるため、1日200g、毎日同じヨーグルトを2週間食べ続け、便秘が改善すれば自分に合うヨーグルトだと言うことが出来る。
忙しい人でも、ヨーグルトを接種することで手軽に便秘を解消することが出来る。